読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容にイイコト。

元美容師の敏感肌アラサーが綺麗な女性を目指して気になるコスメ・食事・ファッションなどを口コミしているブログです♪

MENU

クレイ(泥)洗顔でニキビや毛穴汚れをオフ!沖縄のクチャ配合のどろあわわがつっぱらないのでおすすめ

スキンケア ナチュラルコスメ バスタイム美容

f:id:mochamay:20161103152604j:plain

クレイ配合の洗顔料を初めて使ってみたところ、肌の明るさがトーンアップしたように感じ泥洗顔に興味を持ちました♪

そこで泥洗顔料の市場で4年連続1位をとったという、どろ豆乳石鹸 どろあわわも試してみたくなりました。どろあわわと言ったらもっこもこの泡のイメージがあります。

実際に使ってみると本当にもっこもこで濃密な泡が作れるのと、その泡に包まれるのが楽しくてクセになります^^

どろあわわは2種類のミネラル豊富な泥の他に、豆乳発酵液などの保湿成分を配合しています。洗顔後につっぱる感じがあまりなかったので何でなのかなと疑問に思ったのですが、この保湿成分のおかげなんですね♪

今回はそのどろあわわに配合されている泥などの成分や、実際の使用感についてお伝えしていきます^^

>>どろあわわ

どろあわわは2種類のクレイが毛穴汚れや古い角質を吸着除去

f:id:mochamay:20161018123821j:plain

どろあわわがこだわっている主な成分は3つ。2種類の海の泥と、サブネームにもなっている豆乳発酵液です。それぞれが大事な役割を果たして、どろあわわの使用感を生み出しているように使ってみて感じました^^

一つずつそれぞれの配合されている役割を調べてみました♪

沖縄でクチャと呼ばれるマリンシルトは毛穴汚れに吸着力を発揮

f:id:mochamay:20161018123954j:plain

上の写真が配合されている一つ目の泥で沖縄県産のマリンシルトです。マリンシルトは沖縄では古くから「クチャ」と呼ばれ洗浄剤や洗髪などの美容泥として親しまれてきました。日本とれる泥の中でクチャは美容面において注目の成分のようです。私が初めて使用したクレイ洗顔料にもこのクチャが配合されていました。

濃い色をしていますよね。クレイで有名な地中海や死海などと同じくらい上質で、日本でとれるのは唯一沖縄県だけだそうですよ♪

海のミネラルたっぷりなうえ汚れの吸着力が優秀なのが特徴的です。髪の毛の16分の1の超微粒子が毛穴の奥に入り込み毛穴汚れや皮脂汚れをすっきりさせてくれる役割を果たしてくれます^^

超微粒子なので肌への負担をかけすぎることなく洗顔できるのが嬉しいですね。

国産のベンナイトとのW効果で吸着力をさらにアップ

f:id:mochamay:20161018124116j:plain

もう一つの泥は国産のベンナイトです。先ほどのマリンシルトは大陸の泥が海底に運ばれ育まれた泥岩なのに対して、ベンナイトは数億年前に海底に積もった火山灰でできた泥です。マリンシルトより白っぽいですね。

ベンナイトもマリンシルトと同じく吸着力抜群です。その他ベンナイトは肌のキメを整えて引き締めてくれたり、余分な皮脂を吸着してくれるのでニキビなどの肌トラブルからも守ってくれます♪

そしてく2種類のクレイに共通しているのが、マイナスの電位を帯びていることです。毛穴などの汚れはプラスの電位を帯びているため、お互い引きつけあって汚れをより落としやすくしてくれるメリットがあります^^

なので泥洗顔料を使うと肌がくすみ抜けするように、洗い上がりの肌が明るくトーンアップしたように感じられるんです♪しっかりと理由があることがわかり、自然の恵みクレイって奥が深いですね。

乳酸菌の力!有機栽培の豆乳発酵液がしっとり保湿してつっぱりにくい

f:id:mochamay:20161018124159j:plain

どろあわわが泥の他にこだわているのが保湿成分です。その一つが豆乳発酵液

豆乳の化粧品がたくさんあるよに、美肌に良いことはお墨付きですよね^^どろあわわにはその豆乳を乳酸菌で発酵させた大豆イソフラボンたっぷりの豆乳発酵液が、保湿成分として配合されています。

しっかりとした粒の大豆だなと思ったら、国内の契約農家さんが大切に有機栽培している大豆を使用しているのだとか!

発酵系の化粧品も多く出ていますよね。わたしは発酵系の化粧品と相性が良いのか、使うと肌の調子が上がるように感じることが多いです^^

しっとりなめらかに感じられることが発酵系の好きなポイントです。

その他配合の保湿成分は

f:id:mochamay:20161018130250j:plain

豆乳発酵液の他にも保湿成分が配合されています。

  1. 加水分解コラーゲン

  2. ヒアルロン酸ナトリウム

  3. 黒砂糖エキス

豆乳発酵液と合わせたこの4種類をベストなバランスにしているそうです。確かにこの保湿成分が洗い上がりの使用感を左右しているように感じました^^

うるおった肌に洗い上げることによって、その後の化粧水などの角質層への浸透もよくなるんですよ♪

テクスチャーは練り状になっています。練り状のテクスチャーにすることによって、保湿成分や泥成分のパワーをそのまま発揮することができるようです。泥の成分と石鹸成分を黄金バランスにしているため温度にデリケートになっていますが、そのまま自然の恵みを感じられる洗顔料に仕上がっています^^

どろあわわの使用方法と使用感を口コミ!泡立てネットを使わないともったいない

f:id:mochamay:20161018130341j:plain

どろあわわの特徴はなんと言っても、その濃密なもっちりとした泡です♪おすすめは泡立てネットを使用することです。

【どろあわわの使い方】

泡立てネットを軽く湿らせたら、そこへどろあわわをチューブ状で2〜3cm出します。くしゅくしゅすると、あっと今にもっこもこの濃密なもっちり泡が出来上がります。それを丁寧に絞り取って使います。

f:id:mochamay:20161103153031j:plain

手を逆さまにしても落ちなければ、うまく泡立てられた証拠です^^簡単にモコモコになるので、これがなかなか楽しいんですよね♪

f:id:mochamay:20161103153154j:plain

この通り手を逆さにしても、濃密のため密着力が高いのでビクともしません。

f:id:mochamay:20161103153405j:plain

メダルをちょんと乗せても潰れることなくこの状態をキープするほどの、濃密なもっちりとした泡がすぐに作れますよ♪

きめ細かくて、「もっちり」というのがどろあわわの特徴だなと感じています♪洗顔の場合、皮脂の多いTゾーンから泡を転がすようにして洗っていきます。

f:id:mochamay:20161103153801j:plain

この泡に包まれると、ケーキのスポンジに生クリームを塗っているような感覚になります(笑)それくらい濃密です。

とても泡立ちが良いので試しに洗顔の時、通常2〜3cmとるべき量を減らして泡立ててみました。すると不思議なことに減らしすぎるとはじめは泡立っていても、洗顔途中で泡が消えていってしまいした。やはり1番どろあわわを堪能できるのが、規定の量を使うことがポイントのようです^^

これだけの量の泡で洗ったら、絶対流し終えた後につっぱるだろうなと思っていました。実際に流し終えてお風呂につかり、泡だつ洗顔料を使うといつもだったらこのタイミングでつっぱりを感じてくるところ、、「あれ?そういえばつっぱらない!なんで?すごい」と思ったのを覚えています。

その後でどろあわわの付属の本を読んでみると「つっぱることなく、しっとり潤いが長時間続きます。」と書かれていました。きっとこのつっぱりにくい使用感が人気の秘密の一つなんだなと感じました。

それから毎回感じるのがくすみ抜けしたような感覚です。これは泥の洗顔料ならではだと思います♪

f:id:mochamay:20161103154127j:plain

上の写真は先ほどの状態から洗い流したものです。手の甲の部分が特にくすみ抜けしている感じに見え、肌のトーンがアップしています♪肌触りはしっとりすべすべです^^クレイのおかげで毛穴の中など、普段届かないところまで綺麗にしてくれている証拠ですね!

無着色、無香料で敏感肌の私でも使えています。毛穴汚れやニキビなど肌の調子を見ながら、毎日でなくても数日に1回という使い方もありだなと個人的には感じています。

どろあわわをお得に購入するには

f:id:mochamay:20161103154829j:plain

お得に購入する方法としては、定期購入だと初回半額になりそれぞれのコースにより2回目からも割引になりますよ^^送料も毎回無料です。さらにコースによって泡立てネットや美容液ももらえます。

毛穴汚れやくすみやニキビなどが気になっている方は、泥洗顔料を一つの選択としてチェックしてみてくださいね♪

>>どろあわわ